ハチマン | 八幡山と育児、ライフスタイル、ITの情報ブログ

手作りじゃなくても気持ちがこもって見える友チョコ・義理チョコ

手作りじゃなくても気持ちがこもって見える友チョコ・義理チョコ

こんにちは。友チョコ制度の廃止を願いつつ、この時期だけは男子母で良かったと思うスージーです。
そう、2月と言えばバレンタイン!
人とはちょっと違うものを送りたい、でも手作りは面倒という方は、オリジナルラベルの友チョコはいかがでしょう。大量に配りたい義理チョコにもおすすめです。

用意するものは、市販の板チョコとパソコンとプリンターだけ!手作りではないので、調理器具も材料もいりません。
オリジナルのメッセージや写真を印刷したら、パッケージに貼付けるだけ。ただの板チョコ1枚が、とたんに特別な雰囲気になります。

森永では、ラベルファクトリーという専門のサイトもあり、豊富なデザインの中から選ぶだけでオリジナルのメッセージ入りのパッケージが作れてしまいます。

スクリーンショット 2015-01-27 11.10.26

中でもカレ・ド・ショコラを使ったラベルは、アイデア次第で色々使えて楽しい!
一つの画像を分割して印刷する機能もついているので、9個セットで渡せば、簡単にパズル風のパッケージができてしまいます。

また、一箱21枚入りなので大勢の人に配るときにもリーズナブル!ラベルの一手間で、手抜き感と節約感も薄まります。
多い人はクラス全員に配りまくるという友チョコも、子どもが小さいうちは親の手が入る事がほとんど。手作りチョコの手伝いが毎年憂鬱なお母さんも、コレなら簡単!クラスで一緒に遊んだときの写真を印刷したりして、みんなにくばっても楽しい!もらった人もきっと喜ぶはず。
さらに、市販のかわいくラッピングされたチョコを買うよりも断然安上がりです。

また、ばりばりの本命チョコを渡すのが恥ずかしい人は、その他大勢の義理チョコを配るときにその人にだけこっそり特別なメッセージを書いたものを渡せば、周りにばれずに気持ちを伝える事もできちゃいます。

楽しいバレンタインデーのイベントをより楽しくするために、ぜひ活用してみてくださいね。

 

 

 


ハチマンブログは今なん位? 関東情報ブログランキング

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

世田谷区八幡山から育児ライフスタイルITに関する情報をブログでお届けします。
サイトマップ
Return Top