ハチマン | 八幡山と育児、ライフスタイル、ITの情報ブログ

子どもと一緒でも大丈夫!大学学食でお得なランチ

子どもと一緒でも大丈夫!大学学食でお得なランチ

こんにちは。学生時代、学食のカレーフェアが大好きだったライターのスージーです。
大学の食堂コーナー、在校生以外でも利用する事ができるんです。
学生時代を思い出してガッツリ食べるもよし、おしゃれできれいなレストランをお得に楽しむもよし。子ども連れでも行きやすい京王線沿線のオススメの学校を紹介します。

首都大学東京 南大沢キャンパス

京王線の南大沢駅から徒歩五分に位置する首都大学東京の南大沢キャンパス。
緑に囲まれたキャンパス内は学生以外でも自由に散歩する事ができます。
その首都大学東京の中にあるフレンチレストランがルヴェソンヴェール南大沢です。
子連れだと何となく行きづらい雰囲気のあるフレンチレストランですが、大学内にあるこちらのレストランは子連れでも違和感なく入る事ができます。
セルフサービスの食堂と違い、大学内なのに学生がほとんどいないのでガヤガヤすることもなく、ゆっくりと時間をあまり気にすることもなく、フレンチを子連れで楽しむことができます。
メインは魚と肉の2種類から選べてビュッフェのサービスまであります。ドリンクもお代わり自由なのも嬉しいところです。
ビュッフェだけでなく、メインの味付けもしっかりとしていておすすめです。
料金も1000円前後と、通常のフレンチレストランよりもお安く食べられます。

電気通信大学 調布キャンパス

調布駅から徒歩5分のところにある電気通信大学、通称電通大。
小学生向けに工作教室を開催していたり、定期的におもちゃの病院を開いていたりと、地域の人や子どもに優しい大学です。
イベント時には学生よりも子ども達の姿をキャンパス内で見かける事の方が多いほど!
子どもを見る学生さん達のまなざしも心無しか優しいような気がします。
電通大内の学食はセルフサービス式のいわゆる学食と、フルサービスのレストラン・ハルモニア。
学食ならではの「安い早い多い」の三拍子そろった定食の数々が食べられる食堂、そして一転して落ち着いた雰囲気の中で洋食メニューが楽しめるレストラン、どちらも魅力的です。
レストランは平日しかやっていないので、土日のイベントの際はあきらめましょう。食堂は日曜・祝日が定休日です。
土曜の食堂は学生さん達もまばらで空いているので、大勢で行っても比較的入りやすいです。

中央大学 多摩キャンパス

多摩動物園駅から徒歩10分、またはモノレールの中央大学・明星大学駅直結の中央大学多摩キャンパスは、4階建ての「ヒルトップ」という食堂棟のある大学です。
とにかく広くて種類が豊富!セルフ式の食堂の他に、ファストフードや和食、うどん、カフェなどいろんなお店に分かれています。
セルフサービスコーナーは平日は学生でごった返しますが、割と空いていてオススメなのが4Fの和風レストラン「四季」です。
しっかりとした和食メニューの定食を500円前後で味わう事ができます。
席も間仕切りで仕切られているので、小さな子どもがいても気兼ねなく食事をする事ができます。

日本大学 文理学部キャンパス

下高井戸、または桜上水駅から徒歩8分の日大文理学部キャンパス。
キャンパス内にある3カ所の食堂は大学学食の中でも美味しいと評判で、お昼時はどこも学生たちで混み合います。
大学学食に多い生協ではなくIVYCSが運営しているため、他の生協系学食とはまた違った味を楽しむ事ができます。
また、セルフの食堂以外では銀座スエヒロによる運営のレストランも!ボリュームたっぷりのメニューを500円以内で食べられてお得です。
10時前か2時以降と、お昼時を大きく外して行くと学生さんも少なく、ゆっくりと落ち着いて食べられます。

まとめ

一般の人にも広く開放してくれている事が多い大学の学食。
誰でもフリーで入れますが、やはり学食の一番の利用者はそこで勉強をする学生さんです。
授業の合間にささっと食べたい人の邪魔にならないように、お昼時の混み合う時間帯は外して行くのが上手な学食利用方法ですね。

また、安くても量が多いというのも学食の特徴です。
子どもと一緒に行く時は、通常のレストランよりも気持ち少なめの量を注文すると食べ残しを防ぐ事ができます。まだお子さんが小さいうちは、お母さんと1人前を取り分けるくらいでもちょうど良くなるかもしれません。

食堂だけでなく、キャンパス内はきれいに整備されている事が多く、お散歩するにもピッタリです。
晴れた日にはちょっと足をのばしてピクニック気分で大学を訪れてみるのもいいかもしれません。
自分が通った大学を子どもに見せてあげるのもいいですね。
この大学に行きたい!と勉強のモチベーションもあがってくれるかも?!


ハチマンブログは今なん位? 関東情報ブログランキング

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

世田谷区八幡山から育児ライフスタイルITに関する情報をブログでお届けします。
サイトマップ
Return Top