ハチマン | 八幡山と育児、ライフスタイル、ITの情報ブログ

GWまだ予定が無い人におすすめの 府中のくらやみ祭り

GWまだ予定が無い人におすすめの 府中のくらやみ祭り

こんにちは。車は好きだけど渋滞が大嫌いなライターのスージーです。
ゴールデンウィーク、早い人ではもうお休みに突入しているかと思います。
各地の観光スポットの盛り上がりをニュースで見ながら、何も予定が無いままGWを迎えそうな方!子どもにどこかに連れて行ってと言われているものの何のプランも無い方!
まだ間に合うお手軽イベント。府中のくらやみ祭りに出かけてみてはいかがでしょう。

くらやみ祭りとは

 

京王線の府中駅から徒歩5分のところにある大国魂神社で開催される年に一度の大きなお祭りです。
毎年4/30から5/6にかけて行われます。
室町時代にも文献が残っているほどの歴史のあるお祭りで、昔は街の明かりを消して真っ暗闇の中で夜中までお祭りが行われていた事から、「くらやみ祭り」との名称になったと言われています。

例大祭としては4/30から始まっていますが、一般の人が行って楽しめるのは5/3からがメインとなります。
約70万人が訪れるという関東でも有数のお祭り、是非参加してみてください。

見どころ1)公道を歩く馬

馬5/3には競馬式(駒くらべ)が行われ、6頭の馬が神社につながるけやき並木の通りを往復します。
馬が公道を闊歩する姿は新鮮!
きれいな馬と正装した騎手の姿を間近で見る事ができるので、こどもも喜ぶ事間違いなしです。
5/5にはやぶさめ式も行われ、馬に乗ったまま的に矢を射る様子も見る事ができます。こちらは開始が夜の10時過ぎと少し遅いので、お子さん連れの方は見づらい時間帯なのが残念です。

見どころ2)出店

お祭りと言えば出店!神社の境内にはメインの通りから裏通りまで数多くのお店が並びます。
おなじみのチョコバナナやたこ焼きいか焼きといったよくある出店だけでなく、トルコアイス(のびーるアイス)や台湾の屋台おやつシャーピンなど、ちょっと変わったお店も出店し、大人も子どもも楽しむ事ができます。
また、子どもが喜ぶゲームコーナーも充実。
最近の傾向は何と言っても妖怪ウォッチ!
妖怪ウォッチくじに、妖怪ウォッチグッズがあたるミニゲームなど、やりたいお店がありすぎて困ってしまうほど。
ゲームソフトが結構当たるけどハードの種類がバラバラで、そのハードは持っていないと訴えると、じゃあ景品返せとすごく怒られるゲーム専門くじ屋さんなど、他にも見どころがたくさん。
何も買わなくても歩いているだけでも楽しめます。

見どころ3)お化け屋敷

お化け屋敷出店が建ち並ぶなか、メインの通りから外れたところにひっそりとあらわれるお化け屋敷。
もう、外観からレトロ感満載です。怖いか怖くないかという問題ではなく、この外観で中はどうなっているんだろうという、怖いもの見たさでついつい入りたくなってしまいます。
それもそのはず、見世物小屋として営業していた場所が数年前からお化け屋敷にリニューアル。
最近ではすっかり見る事もなくなった見世物小屋の趣の残る風貌となっています。

 

まとめ

くらやみ祭りの名前の通り、メインは夜暗くなってから。暗くなるに連れて人もだんだん増え、混み合ってきます。
お店は明るいうちから出ているので、小さなお子さん連れの方は明るいうちに雰囲気を味わうといいでしょう。

また府中のおすすめスポットの一つ、競馬場からも歩ける距離にあるので、午前中は競馬場で遊び午後にお祭り、というスケジュールも一日楽しめますね。


ハチマンブログは今なん位? 関東情報ブログランキング

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

世田谷区八幡山から育児ライフスタイルITに関する情報をブログでお届けします。
サイトマップ
Return Top