ハチマン | 八幡山と育児、ライフスタイル、ITの情報ブログ

その忙しさ、スマホが原因かも?スマホ断食で時間を活用!

その忙しさ、スマホが原因かも?スマホ断食で時間を活用!

こんにちは!そろそろ年賀状を作らなければ、と焦りだしたライターのスージーです。
毎日毎日忙しくて、なかなかゆっくりする時間がとれない。年末は特にそんな人が多いのではないでしょうか?その忙しさ、原因の何割かはスマホのせいかもしれませんよ!意外に空き時間ができるかもしれないスマホ断食、試してみませんか?

スマホ断食とは?

その名の通り、スマホにいっさい触らないことです。そうはいっても携帯を手放すことは現実的に難しいですよね。そこで、まずはある一定の時間だけ、または特定の機能だけ、と制限をしながら使用してみる、「プチ断食」を試してみてはいかがでしょう。

時間を制限する

プチ断食の開始時間と終了時間を決めたら、その間は電話や緊急地震速報など以外の通知はオフにしてしまいましょう。
別の作業をしているときにメールの着信がなると集中力も途切れてしまいます。
また、休憩のつもりが、スマホを触っているとついついメールを見てしまったり、返信に追われてしまったりで休んだ感がなくなってしまい、結果的にその後の作業の効率が悪くなっているかもしれませんよ。

機能を制限する

アプリの更新や、Facebookの通知、本当にプッシュ通知で必要かどうか見直してみましょう。
通知されると見たくなってしまうのは当たり前。音を消していても気になる振動。そして、ふと画面を見たときにアイコンバッチで新着が知らされているとついつい読みたくなってしまいます。
急ぎで対応が必要でないものは、すべて通知しないを標準設定に。スマホに振り回されないよう、いつ何を見るかは自分のタイミングで決めるほうがスマート!

上級編

スマホに振り回されない生活が心地よくなってきたら、思い切ってさらに一歩進んでみましょう。

  • メールをプッシュ通知にしない
    そんなに緊急で返信することってなくない?そこまで思えるようになったら、メールのプッシュ通知(常に受信を確認)もやめてしまいましょう。受信方法をプッシュにしない場合は受信間隔を自由に設定できます。必要に応じて30分間隔や1時間間隔などお好みで設定してみましょう。受信は手動のみ!まで思い切れたらかなりの断食レベルです。
  • 自宅ではスマホを見ない
    かなり思い切りました。自宅ではプチ断食ではなく、本格的な断食モードです。
    方法として最適なのは充電スペースを別室に設置してしまうこと。その際も必要に応じて電話の着信音などは最大音量にして聞こえるようにしておくなど、仕事や緊急時の対策はしておきましょう。
    しょっちゅう電話がかかってくる人は、その度に別室に移動しなければならないので、かなりめんどくさいことになりますが、、、。

周りへの対応

断食中でも日常生活に支障がないようにすることも大切です。仕事関係の伝達が滞ってしまうほどの断食は禁物!やり過ぎには注意しましょう。
また、意外に難しいのはプライベートでの連絡。特に支障はないけれど、感じが悪くなりそうで心配な方は、周りにちょこちょこ言い訳を伝えておきましょう。
使える言い訳ナンバーワンは

「最近すぐ充電がなくなっちゃって」

です。普段からアピールしておけば、多少返信が遅くても、既読マークがつかなくても、”また充電なくなってるのかな”と、悪意なく受け止めてくれることでしょう。

事後報告バージョンでは「カバンに入れっぱなしにしてて気づかなかった!」も使えます。

まとめ

スマートフォンは便利で手放すことができないツールです。だからこそスマホに振り回されるのではなく、うまく利用しながら時間を活用していきましょう!


ハチマンブログは今なん位? 関東情報ブログランキング

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

世田谷区八幡山から育児ライフスタイルITに関する情報をブログでお届けします。
サイトマップ
Return Top