ハチマン | 八幡山と育児、ライフスタイル、ITの情報ブログ

長く使うために、最低限やっておきたいドラム式洗濯機の3つのお手入れ

長く使うために、最低限やっておきたいドラム式洗濯機の3つのお手入れ

 

こんにちは、現在ルームシェアで2人暮らしをしているmidoriです。
便利なドラム式洗濯機。そんな洗濯機が先日、動かなくなってしましました。
調べてみると同じようなトラブルが起きている人は多いようでした。
家事代行で伺うと洗濯槽の周りに埃の溜まっているお家はよく見かけます。
動かなくなってしまう前にずぼらな私でも最低限やっておきたいと思った3つのお手入れをご紹介します。

起きた症状「U11」のエラー → 排水に関する障害

私の家で出てしまったエラーです。(大手の大体のメーカーは同じ表記のようです)

すすぎになると排水ができないため止まっていました。初めは何回か電源を入れ直せば動いていたので気にしていなかったのですが、今思うと不具合の予兆はその他にもありました。
すすぎ・脱水・乾燥に時間がかかる。
乾燥使用後にも湿り気や内部に水滴が残っている
など。

原因は掃除をサボっていた排水フィルターのつまり。掃除をすると、あっさり解決しました〜。
月一でちゃんと掃除している方も多いと思いますが、簡単なお掃除法とお手入れグッズも紹介します。

最低限やっておきたいと思った3つのお手入れ

埃での「つまり予防」
①乾燥フィルタ こちらはほこりが溜まるとエラーが出る機種が多いのでやってる人も多いのでは?
②排水フィルタ「排水の異常を防ぐため月に一度はお手入れ」と記載があります。
カビ取りで「匂い予防」
③洗濯槽 見えないカビ・・・調べると様々なやり方が出てくるので色々試してみた中からご紹介。

①乾燥フィルタ

掃除方法

奥のフィルタと手前のダスト→シーズンごとのお手入れ。
乾燥ムラも解決したのでおすすめです!

 

おすすめお手入れグッズ

●セスキ炭酸ソーダ
今回は、汚れが固まっていた為、たっぷり吹きかけて時間を置いて拭き取りました。
セスキの 激落ちくん 徳用 500ml
●重曹
無くても大丈夫ですが、あまり触りたくなかった為重曹をふりかけて汚れを浮かせました。
お酢を入れた水に浸けることでさらに泡立ち、効果が増します。
【大容量】 天外天シリンゴル重曹 1kg

②排水フィルタ

掃除方法




洗濯機排水フィルターの掃除は排水溝ネットで!の記事より
洗濯槽には1か月に1回の掃除と記載があります。
 

おすすめお手入れグッズ

●ゴミ取りフィルター
フィルタの上にさらにフィルタ。
付けておけば、水洗いまでしなくても気軽に掃除ができます。
ドラム式洗濯機用 ゴミ取りブルーフィルター 15枚入 G-15-B
ドラム式洗濯機用 ゴミ取りフィルター 30枚入 G-14-B-2

●掃除用ブラシ
専用のブラシも販売されています。
水筒用のスポンジも代用品としておすすめです。
サンコー ドラム式洗濯機用クリーナー びっくりフレッシュ 排水フィルター 糸くず掃除 グリーン BH-15

③洗濯槽ドラム

掃除方法

槽洗浄コースで洗いますが、
●塩素系漂白剤
●酸素系漂白剤
●重層
●クエン酸
など、使用する薬品は調べると色々出てきます!

カビが取れる順で言うと
重層<塩素系漂白剤<酸素系漂白剤
となりますが、漂白剤の匂いも気にらるところ。
まずは、重曹で!取りきれなかったら漂白剤をおすすめします。

また、カビを浮かせて流す=排水フィルタに流れる
ということに。
先に紹介した流れで排水フィルタの掃除も必要です。
メーカーによっては『塩素系漂白剤』を推進していたり、泡だつ重曹が使えない場合もあるので
説明書を一度確認してみてください。

おすすめお手入れグッズ

●塩素系漂白剤
N-W2 洗濯漕クリーナー ドラム式専用 750ML
専用のを使えば安心ですね。

N-W2 洗濯漕クリーナー ドラム式専用 750ML

 

その他、余裕があればやっておきたい掃除箇所

●洗剤ケース
●排水溝
●ドラム周りのゴム

まとめ

私は単に掃除していなかっただけですが、詰まりや故障の原因は様々。
薄手のものを洗濯してダクトや排水溝に入ってしまったケースもあるようです。
高価なドラム式洗濯機、
長く付き合うためにも「最低限の掃除はする」「ネットに入れる」など
アクションを簡略化にして毎日を過ごせるといいですね。
カビも溜まる前にシーズンごとにやる。使用しない時は扉を開けて換気をする等予防も大事です。

また、掃除をすることでスムーズな排水、乾燥が出来るので無駄な電力も使いません。

やってないかも!?という方は季節の変わり目の今、是非やってみて下さい。


ハチマンブログは今なん位? 関東情報ブログランキング
URL :
TRACKBACK URL :
世田谷区八幡山から育児ライフスタイルITに関する情報をブログでお届けします。
サイトマップ
Return Top